忍者ブログ

Autumn Qiaochuang

Autumn mood · Ran me food for thought! !

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私に一つの島


ちょっと失礼ですが?あの夏の海で、私は多くを持つことができることを望んで彼女のように、小さな島。

その彼女の島、小さくごとに住む島の住民もできないで知り合い、交際してない。

船が港を出て本来は、すでに準備に向けのもう一つの大きな島に行ってきましたが、突然、船首を交換した方向に、また職位朝島から帰っ。

私がどうして彼女に聞く。なにかあったんですか?

彼女は微笑を指して舵の少年は「いや、彼の兄は用事がある。」

波止場に別に人、見るだけで遠くの山道で、バイクがこちらへ近づいてきている。空が靑くて、海は静かで、私たちも静かに座って待っている甲板で、それを待っているがますます近くのモーターの声。

やっぱり、少年の兄は彼にいくつかの部品を感じる馬公を持って帰ってきて、サンプルからそれだけの太い埠頭に黒いの腕の中で投げ、緩やかにかつ正確に、船で別の1匹の黒い腕も太く受け止めた。聞いていない」と言う人がありがとうございます、何も聞いていない人にさよなら。ただ船の少年はかすかに岸の上で手を振る、室內設計船を出た。

過去を振り返ると、小島で静かに眠って靑い海、何叢の隣の家の間に、子供たちはゲームを追いかけ、杖、ブーメランれんがの壁が千年という屋を支持し、灰色の石の日光の下であると思える地道と穏やかな色。

また伸びて、島の側は、連綿と続くのは細くて、白と暖かい砂浜、長いまで伸ばした海。天気が晴れて、海水のでほとんど透明なから船端望がきれいに見えて、海底の珊瑚礁。

私は彼女に聞きます:“ここは、あなたの故郷ですか?」

「私はさんの、彼はこの島で生まれた。」

彼女の答えは1種の自覚のない喜びと誇り、私より羨望彼女。

海上の船をゆっくりと歩き、広い海に、船はなんと自由よ!小さい時から、ずっと好き好きな船で、あれは1種の楽しい呑み込んで、どこに、歩いて行く船は永遠に私に1種の歓楽と自由な感じ。しかし、私が今知っている、すべての喜びと自由に必ず拠点、島がある心の中で、船は出発した時、自分がいつでも帰って来て、そんな旅こそ本当の楽しみ。もとは、自由の後ろにも1種の不変の未練こそ、本当の自由。

私は多く希望が小さな島、この島で、私の知っている友人に、私の親愛なる家族。

あたしも、島があり、不変の海洋の上で私を待っている。

私は旅に訪れてどのような挫折に関わらず、私はどんなに遥か遠い地方に滯在して、私は異国にどのくらい、半生も一生!ただ私の心の中は知っていて、不変の海洋に不変の島に私を待っている、それでは、この世の中のすべての挫折すると困難はすべて我慢できるそれを克服することができた。

あなたは、私の希望と要求と過言ではないでしょうか?
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[08/17 pletchertel]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R